訪問リハビリテーションについて

liha_top

脳血管障害等によって手足に麻痺があったり、不自由になっている方等に対して、当院の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が利用者の自宅を訪問し、心身の機能の回復を図り日常生活の自立を支援するために、理学療法、作業療法、言語療法等のリハビリテーションを行うものです。

基本的にデイケアなど外出が困難な方が訪問リハビリテーション対象となります。

liha_03

介護保険で訪問リハビリテーションを利用する場合は、ケアマネージャーに相談していただき、ケアマネージャーから当院へ問い合わせをしてもらいます。療法士等がリハビリテーション実施計画書を作成し、このリハビリテーション実施計画書に基づき理学療法士等がリハビリテーションを行います。また、このリハビリテーション実施計画書は、実施した訪問リハビリテーションの効果や実施方法等についての評価を踏まえ、医師の医学的判断に基づき、定期的に見直しが行われます。

3ヶ月に1回処方医(当院医師)の診察が必要です。

訓練内容

日常生活のリハビリテーション
自宅内移動訓練
自宅で行えるエクササイズと自主トレなどの指導
嚥下や食事の練習、家庭への指導
その方の症状に応じたリハビリプログラムの作成など…。

直通でのお問合せ

千葉新都市ラーバンクリニック
リハビリテーション科

【直通電話番号】0476-40-7716